プロフィール

一覧に戻る
ARTIST

椿 昇

http://artotheque.jp/

コンテンポラリー・アーティスト
京都市立芸術大学美術専攻科修了。1989年全米を巡回したアゲインスト・ネーチャー展、1993年のベネチア・ビエンナーレに出品。2001年の横浜トリエンナーレでは、巨大なバッタのバルーン《インセクト・ワールド-飛蝗(バッタ)》を発表。2003年水戸芸術館。 2009年京都国立近代美術館。2012年霧島アートの森(鹿児島)で個展。2013年瀬戸内芸術祭「醤+坂手プロジェクト」、2016年小豆島未来プロジェクト・ディレクター。内需のアートマーケット育成のためにアルトテックを創設。アートプロジェクトを持続可能社会実現のイノベーションツールと位置づけている。 http://artotheque.jp/

過去のイベント

2016

場所
  • 新宿NSビル1F
作品名
  • RPFW “Rapid Prototyping For Weapons”

この作品は太平洋沿岸を移動していった人類が最初に保有した武器の調査と研究をベースに制作されました。最初はサメのアゴ骨や石器から始まった人類の武器は、あっという間に巨大なモンスターとなって変容してゆきます。小さな欠片が集まって変形し、膨大なエネルギーの塊となって発熱してゆく状態をこの作品は表現しています。

2015

場所
  • 住友不動産新宿グランドタワー
作品名
  • 鸚鵡図

美術と社会との関係を問い、独自のユーモアで衝撃的な作品を発表し続ける現代芸術家 椿昇氏が今年もフェスタに登場します。
止まり木につかまる鸚鵡が表わすのは、多くを失いつつある現代への警鐘なのでしょうか。高さ7mの巨大バルーンアートは圧巻です。

2014

場所
  • 住友不動産グランドタワー
作品名
  • Daisy Bell