プロフィール

一覧に戻る
ARTIST

河口 洋一郎

CGアーティスト
種子島生まれ。筑波大学助教授を経て、1998年より東京大学大学院工学系研究科・人工物工学センター教授。2000年から2018年まで情報学環教授。2018年東京大学名誉教授。
1975年からCGに着手し、自己増殖する「グロース・モデル」で独自のアート世界を確立、超高精細立体視映像の濃密度感の創出を特徴とする世界的CGアーティストとして活躍中。
さらに、伝統芸能との融合「ジェモーション」による情感的な舞台空間のパフォーミング・アーツ、生命体から発想する独創的な深海/宇宙探査型のロボティック立体造形を制作するなど、多岐にわたる旺盛な創造性により、今後のさらなる飛躍が期待されている。
1995年第100回ヴェネツィア・ビエンナーレ日本館代表作家。2010年ACM SIGGRAPHにて栄誉あるシーグラフ・アーティストアワード『ディスティングイッシュト・アーティスト・アワード』を世界で3人目に受賞。2013年芸術選奨文部科学大臣賞受賞。同年、紫綬褒章受章。2017年MOCA台北(現代芸術館)個展、2018年CDAアンギャンレバンの美術館個展で大成功を博した。2018年フランス、Prix Bains Numériquesにて栄誉あるPrix D’Honneur賞受賞。

2018 河口洋一郎展

場所
  • ①新宿NSビル 1F、②新宿ファーストウエスト 1F
日時
  • ①8月10日(金) ▶︎ 10月8日(月・祝)、②8月1日(水) ▶︎ 10月8日(月・祝)
作品名
  • ①青い宇宙鳳凰(PHOECCO)2018、②EGGY SERIES

新宿を「宇宙に一番近い都市」と表現する世界的CG アーティスト河口洋一郎氏。関東初上陸となる新作「青い宇宙鳳凰」が新宿NS ビルに登場するほか、新宿ファーストウエストでは宇宙を案内するEGGY たちが皆さんをお待ちしています。はるか5億年先の未来に生きる進化型宇宙生物との遭遇をお楽しみください。

過去のイベント

2017 河口洋一郎展

場所
  • ①新宿NSビル 1F、②新宿ファーストウエスト 1F
作品名
  • 宇宙鳳凰 Phoecco(フェッコ)、巨大宇宙蟹Cracco(クラッコ)

新宿を「宇宙に一番近い都市」と表現する世界的CGアーティスト河口洋一郎氏。本フェスタで世界初公開となる高さ8m を超える「宇宙鳳凰 Phoecco(フェッコ)」と、表裏2つの顔を持つ「巨大宇宙蟹Cracco(クラッコ)」、2体の巨大バルーンが西新宿の高層ビルに出現します。5 億年先の未来に生きているかもしれない進化型宇宙生物との遭遇をお楽しみください。

2016

場所
  • 新宿ファーストウエスト1F
  • 新宿センタービル1F
  • 住友不動産新宿グランドタワー1F
作品名
  • 河口洋一郎展

2015

場所
  • 新宿ファーストウエスト1F
  • 神楽坂 毘沙門天 善國寺
作品名
  • 巨大宇宙鳥 Bircco
  • 宙魚 Ficco

まちが秘める多様性・可能性から、新宿を「宇宙に一番近い都市」と表現する世界的CGアーティスト河口洋一郎氏。
宇宙の未知の可能性を捉え、表現した「進化型宇宙生物」が2つの会場に出現します。

2014

場所
  • 住友不動産新宿オークタワー
  • 神楽坂 毘沙門天 善國寺
作品名
  • 呼吸する巨大宙貝 Shecco
  • 宙魚 Ficco